バーゼル日本人会の活動、もろもろ。
by nihonjinkai-basel
リンク
本家サイト:
バーゼル日本人会

バーゼル日本人会の活動内容、入会方法について、詳しくは上記サイトからごらん下さい。

ランキング参加中
にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ

人気ブログランキングへ

Author: 
バーゼル日本人会WEB管理人。
ブログでは、個人的視点からバーゼル生活を書いています。

Locations of visitors to this page
カテゴリ
全体
Website更新
バーゼル情報
スイス情報
ドイツ語
食べ物
Photos
ファスナハト
イベント情報
スイス隣国情報
レストラン・カフェ
管理人つれづれ
最新の記事
午年です。
at 2014-02-15 23:11
BBQ開催のお知らせ
at 2012-06-20 05:05
不用品の寄付
at 2012-01-12 17:25
香りのイベント@バーゼル
at 2011-10-31 02:32
RheinfeldenでSP..
at 2011-07-11 16:01
以前の記事
2014年 02月
2012年 06月
2012年 01月
2011年 10月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
検索
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2010年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧
Vitrahaus @ Vitra Design Museum sanpo
肌寒い日が続いていたかと思ったら、夏を思わせる日々が突然やってきました。気づくと夏です。気温は25度まで上がり、プールの前を通りかかったら、もう泳いでいる人がいました。(泳ぐにはちょっと早いんじゃ・・・)

お天気がよかったので、先日記事を載せたVitra Campusを再訪してきました。今回は約4年の歳月をかけて今年3月に完成し、一般公開されているVitrahausを見てきました。
a0142171_1525781.jpg
Vitrahausは、北京オリンピックのメイン会場として建設された「鳥の巣スタジアム」が記憶に新しい、バーゼル出身の建築家ヘルツォーク&ド・ムロンによるもの。
a0142171_15271976.jpg
典型的な三角屋根の『家』をモチーフに、筒状の形態を交差させ、5層に積み上げた非常にダイナミックな構造です。

内部は家具が引き立つよう白く塗られてて、それぞれの空間が螺旋階段で迷路のようにつながっています。

目の前にはワイン畑(田舎!)が広がっています。広大な敷地があったからこそ、実現できたこのVitra Campus。
a0142171_15384685.jpg
Vitraはもともとオフィス家具を中心にビジネス顧客を中心にビジネスを行ってきましたが、近年力を入れてきたホームコレクションを展示するためにこのVitrahausを発てたそう。そういう意味でも、『家』のモチーフはぴったり。
a0142171_15314026.jpg
スイス、フランス、ドイツと3国が交わるこの地だからこその、ファサードを持たない多面的な造りはまさにおぴったり。
a0142171_15311262.jpg

by バーゼル日本人会website管理人

ランキング参加中
にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ 人気ブログランキングへ
[PR]
by nihonjinkai-basel | 2010-05-27 15:42 | バーゼル情報
ロンドンオリンピックのデザイン
5月19日に発表されたロンドンオリンピックのマスコットを見て、思わずのけぞりました。そのインパクトある姿!

a0142171_19313420.jpgぶ、不気味ーーっ!!!

大きな一つ目は、見たものを記録するためのカメラとなる現代的なデザインの「魔法の化け物生き物」だそうですが、これじゃ恐怖のあまり、子供が泣いちゃいますよ。

公式サイトから見られる動画はなかなかいいのに、立体的に再現するとこうなっちゃんだ、そうなんだ。

イギリスならではのポップでかっこいいデザインを期待していたのに。

ロンドンオリンピックのデザインといえば、2007年に発表されたときに、イギリスで物議をかもしだしたロゴを思い出します。
a0142171_1937162.jpg
製作期間1年、製作費40万ポンドをかけたこのロゴ。どうしちゃったの? ダサすぎです。

by バーゼル日本人会website管理人

ランキング参加中
にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ 人気ブログランキングへ
[PR]
by nihonjinkai-basel | 2010-05-20 19:47 | 管理人つれづれ
Vitra Design Museum sanpo
週末に天気がよければ、Weil am Rheinにある世界的な家具メーカーVitra社のVitra Campusへ行こうと思いつつ、はや半月が過ぎてしまいました。今週末も雨降りの肌寒いのあいにくの天気でしたので、行けませんでした。

前回Vitra Design Museumの建築ツアーに参加した時の写真をいくつか紹介します。

Vitra Design Museum, Frank Gehry, 1989
a0142171_543975.jpg
ビルバオのグッゲンハイム美術館、日本では神戸港にあるフィッシュダンスをデザインしたゲーリーによる、ヨーロッパで初めての作品。

なんともクレイジー。椅子や家具が展示されたミュージアムとして使われています。

Vitra Conference Pavilion, 安藤忠雄, 1993
a0142171_55986.jpg
奇抜なゲーリーの建物の隣にひっそりと佇む、安藤忠雄デザインの会議用パヴィリオン。周りにたくさん植えられた桜の木にインスパイアされたそうです。

建設にあたって、安藤が桜の木を3本しか切らなかったのに対して、ゲーリーは全部切り倒したというのも対照的です。

コンクリートと木とガラスでできたシンプルな造りの会議室の中からは外の緑が見えるようになっていて、気持ちを落ち着けて会議に集中できる要素が盛りだくさんです。

今年桜の咲く時期に通りかかったら、たくさんの桜が咲いていました。

Gas Station, Jean Prouve, 1953/2003
a0142171_554262.jpg
1950年代に設計されたガソリンスタンド。経済的で合理的な造りになっています。

Dome, Richard Buckminster Fuller, 1978/2000
a0142171_561295.jpg
正三角形を基本としたドーム型テント。

外のアルミの枠で支えられているため、中には支柱などが一切ありません。

Vitra Fire Station, Zaha Hadid, 1993
a0142171_582828.jpg
何といっても印象的なのがこちら。元消防署として使われていたこの建物。世界で活躍するイラン・バグダッド出身の女性建築家ザハ・ハディドの初デザイン作品。
a0142171_585726.jpg
直角に交わるところがないこの建物。トイレの中やシャワールームまでがゆがんでデザインされており、頭の中がクラクラと感覚が狂ってきます。
a0142171_59324.jpg
2010年3月にはバーゼルを本拠地として活躍するヘルツォーク&ド・ムーロンがデザインしたVitra houseがオープンしたので、次回はこれを見に行ってきます。

Vitra Design Museum
Charles-Eames-Str. 1
D -79576 Weil am Rhein
Claraplatzから55番のバスに乗り"Vitra"で下車
月曜~日曜 10時~6時
上記の建物を見て回る2時間の建築ツアー(英語・独語)は11時、13時、15時 9.5ユーロ
美術館 8ユーロ
共通チケット 13.5ユーロ

by バーゼル日本人会website管理人

ランキング参加中
にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ 人気ブログランキングへ
[PR]
by nihonjinkai-basel | 2010-05-17 05:19 | バーゼル情報
映画会のお知らせ
スイス・日本協会(Schweizerisch-Japanische Gesellschaft)主催・日本映画の上映をバーゼルで行ないます。

英語の字幕付ですので、知人友人をお誘いの上お越しください。入場料は無料(寄付歓迎)です。

映画: 『村の写真集』 (2004)
監督: 三原光尋 上映時間111分
主演: 藤竜也、海東健太、宮地真緒
日時: 5月30日 (日) 11:00~ 
会場: バーゼル Katholisches Studentenhaus Herbergsgasse 7
     (Tram-11番(Kantonspital下車)

上海国際映画祭で最優秀作品賞と最優秀男優賞を受賞した作品。

ストーリー:
ダム建設のあおりを受けて、まもなく沈もうとしている山奥の花谷村。村役場の依頼を受けて、村の写真館の高橋研一(藤竜也)は村のすべての家族の写真を収めることになり、東京で写真家をめざす息子の孝(海東健)を助手として故郷に呼び戻した。かねがね父に反発してきた孝だが、一軒一軒険しい山道を歩きながら写真を撮り続ける父の背中に、いつしか彼は何かを感じるようになり・・・
雄大な自然を背景に、父と子の心の絆を描いたヒューマン映画。

(バーゼル日本人会のイベントではありませんので、お問い合わせにはお答えしかねます)

by バーゼル日本人会website管理人

ランキング参加中
にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ 人気ブログランキングへ
[PR]
by nihonjinkai-basel | 2010-05-10 23:07 | イベント情報
五月雨のころ
5月に入ってからずっと冴えないお天気のバーゼル。一日中シトシト降る日が続いています。先週は初夏の陽気で半袖で出かけられたというのに、ここのところ気温は10度~15度。ダウンコートに逆戻りの人もみかけました。

春の恵みのあたたかい雨というより、暗くてジメジメした雨模様に少し憂鬱になってしまいます。暖かい日の光を謳歌していただけに、余計にそう感じてしまうのかもしれません。

寒いよ、寒いよー。次はいつ晴れるの? 週末にかけて少し気温は上がるみたいだけど、「快晴」マークはおあずけのようです。

by バーゼル日本人会website管理人

ランキング参加中
にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ 人気ブログランキングへ
[PR]
by nihonjinkai-basel | 2010-05-05 21:42 | 管理人つれづれ
花ざかり
スイスって振り替え休日ないんですのね。5月1日のメーデーは、土曜日なのにお店は閉まってるので、スーパーに買い物にも行けないし、無駄な休日だった気がしてなりません。

快晴&気温25度以上の先週から一転して雨続きですし・・・

気をとりなおして春のバーゼルの様子をご紹介します。

ある晴れた日の、Pauluskirche
a0142171_23592454.jpg
色とりどりの花が満開できれいです。

その近くのSchützenmattparkの花壇
a0142171_011919.jpg
藤の花も今が盛り
a0142171_053762.jpg
日に日に緑が濃くなっていくバーゼルです。

by バーゼル日本人会website管理人

ランキング参加中
にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ 人気ブログランキングへ
[PR]
by nihonjinkai-basel | 2010-05-04 00:10 | バーゼル情報
バイエラー財団美術館
今年2月25日に88歳で亡くなった美術コレクター、エルンスト・バイエラー氏が創設した バイエラー財団美術館(Beyeler Foundation Museum) に行ってきました。

バイエラー美術館は、ゴッホ、セザンヌ、ピカソ、ブラック、マティス、ミロ、カンディンスキー、クレー、ピカソなど、後期印象派から現代アートまで数々の名作を所蔵しています。

これだけの作品を収集する個人コレクター、さぞかし裕福なお家に生まれ育ったのだろうと、ついつい下世話なことを考えるわたくし管理人・・・ バイエラー氏はごくごく普通の家庭に生まれ、古美術商の下で働く傍ら、経済や美術史の勉強に励み、その後敏腕ディーラーとして世界に名を馳せるまでになったそうです。

バーゼルをアートの街たらしめる、世界最大現代アートフェア「アート・バーゼル」の創設はバイエラー氏の功績です。
a0142171_185079.jpg
(写真は少し前のものなので、今はもっと緑が茂っていると思います)

建物は、ポンピドゥー・センター、パウル・クレー・センター、関西国際空港なども手がけたレンゾ・ピアノ氏による設計です。屋根はガラスと鉄骨だけでできています。

コレクションの素晴らしさはもちろんのこと、自然光のやわらかくふりそそぐ中での展示が印象的でした。

Fondation Beyeler
Baselstrasse 101,
4125 Riehen / Basel
トラム6番"Fondation Beyeler"から徒歩0分

入場料は大人25フランですが、月曜日午前10時~午後6時まで、水曜日午後5時~8時まで(祝日を除く)、割引価格(17フラン)が適用されます。

by バーゼル日本人会website管理人

ランキング参加中
にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ 人気ブログランキングへ
[PR]
by nihonjinkai-basel | 2010-05-02 18:55 | バーゼル情報